クィーンズウェアウェッジウッド(Wedgwood)

【ウェッジウッドの妻サラの庭をモチーフにしたシリーズ】サラズガーデン(グリーン)C/S

ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン

サラズガーデン」は、創設者ジョサイア・ウェッジウッドの妻サラの庭をモチーフにした作品であり、進化論で有名な「チャールズ・ダーヴィン」は、ジョサイア・ウェッジウッドの孫である。

ウェッジウッド(Josiah Wedgwood and Sons)はイギリス王室御用達の陶磁器メーカーであり、ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立されました。

ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン

サラズガーデン(SARAH´S GARDEN)」は「クィーンズ・ウェア(Queen’s Ware)」シリーズのひとつで、創始者ジョサイア・ウェッジウッドの妻サラの庭をモチーフにした作品。

クィーンズ・ウェアとはウェッジウッド社独特の呼び名であり、本来は「クリーム・ウェア」と呼ばれる硬質陶器(アーザンウェア)の事。

ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン
ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン
ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン

イギリスの田舎の庭園風景が、素朴なタッチで描かれています。

ジョサイアは従姉妹であるサラと1764年に結婚、彼女の意見に常に耳を傾け、ジョサイアの人生に大きな影響を与えた一人として知られます。

なお、進化論の「チャールズ・ダーウィン」は、ジョサイアとサラの長女スザンナの息子である事も有名です(つまり、ダーウィンはジョサイア・ウェッジウッドの孫にあたる人物)

ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン

ソーサー。

バックスタンプ。

ウェッジウッド(サラズガーデン)グリーン

1998年発売、廃盤品。



タイトルとURLをコピーしました