クィーンズウェアウェッジウッド(Wedgwood)

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

ウェッジウッド(Josiah Wedgwood and Sons)はイギリス王室御用達の陶磁器メーカーであり、ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立されました。

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

「クイーンズ・ウェア エンボスド(Queen’s Ware EMBOSSED)」シリーズは、立体的な葡萄と蔦のエンボス装飾が美しいシリーズ。

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

カラーバリエーションもブルー・ホワイト・グリーン・グレーなど様々なものが展開され続けてきたロングセラーシリーズです。

※こちらはホワイト×ホワイトの「クリームカラー」

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

「クィーンズ・ウェア」とはウェッジウッド社独特の呼び名であり、本来は「クリーム・ウェア」と呼ばれる硬質陶器(アーザンウェア)の事。

このエナメルを用いたクリーム色の陶器は創設者ジョサイアが美しさと使いやすさを追求して完成させたテーブルウェアであり、独自の研究によりどの工房のものよりもより白く、滑らかで光沢のある釉薬を用いてシンプルかつ上品な陶器に仕上げる事に成功しました。

1765年にシャーロット王妃(イギリス国王ジョージ3世の妃)によって「クィーンズ・ウェア(女王の陶器)」と命名、それ以降「女王陛下の陶工」と名乗る事を許されたウェッジウッドの名前は一躍有名となりました。

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

ソーサー。

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)
【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

バックスタンプ。

【ウェッジウッド】クイーンズ・ウェア・エンボスド(クリームカラー)

1930〜1988年製造、廃盤品。




▼関連記事(モデルチェンジ後シリーズ):「クイーンズ・ウェア フェスティビティ」

タイトルとURLをコピーしました