ウェッジウッド(Wedgwood) シノワズリ・エキゾチック

【日本の九谷焼をモチーフにしたシリーズ】ウェッジウッド「クタニクレーン」C/S

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)

ウェッジウッドの「クタニクレーン」は、日本の「九谷焼(くたにやき)」をモチーフにしたシリーズ。

ウェッジウッド(Josiah Wedgwood and Sons)はイギリス王室御用達の陶磁器メーカーであり、ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立されました。

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)

クタニクレーン(KUTANI CRANE)」は、竹と牡丹のディティールに囲まれた鶴が描かれたシノワズリ(東洋趣味)が目を惹くシリーズ。

※コーヒー・紅茶兼用のリーシェイプ。

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)

日本の色絵磁器である「九谷焼(くたにやき)」にインスピレーションを受けてデザインされました。

九谷焼は五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)で描かれた上絵付が特徴であり、石川県南部で生産され実に360年もの歴史を誇ります。

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)

ちなみに「クレーン(crane)」は「」を意味する英語ですが、描かれているのは鶴(ツル)というよりも雉(キジ)や孔雀(クジャク)に近い印象です。

ボーンチャイナならではの少しクリームがかった温かみのある白地に、全体的に淡い多色使いにグリーンや橙などの効き色をバランスよく取り入れて描かれているのが特徴で、オリエンタルな風合いが実に魅力的なデザイン。

当時の西洋の人々の「東洋への憧れ」が感じ取れる人気シリーズです。

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)

ソーサー。

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)
ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)
ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)


バックスタンプ。

ウェッジウッド「クタニクレーン」カップ&ソーサー(リー)

1971~1998年製造、廃盤品。


タイトルとURLをコピーしました