スージークーパー(Susie Cooper)

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

スージー・クーパー(Susie Cooper)の名で広く知られたスーザン・ヴェラ・クーパー(Susan Vera Cooper:1902年10月29日〜1995年7月28日)は、1920年代から1980年代までストーク=オン=トレントの陶器産業界で働いていた、イングランドの有名なデザイナー。

20世紀を代表する英国の女性陶器デザイナーであり、1929年には女性たった一人で陶器製造所(pottery) を立ち上げ、1940年に「Royal Designer For Industry」の称号を、1979年には大英帝国勲章を授与されるなど数々の功績を残し、1995年に92歳で亡くなるまで長い間現役生活を続けました。

※1966年にフリーのデザイナーとしてウェッジウッド社と契約、傘下に入る事となった。

イギリスでは当時どの家庭でも使われていたと言われるほどの人気があり、ロイヤルファミリーにも愛され今でも世界中にコレクターが存在します。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

「パトリシアローズ/パトリシアンローズ(Patricia Rose)」は、1938年に発表されたスージー・クーパーの代名詞とも言われるデザイン。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

ドイツの有名な園芸家コルデス氏が作り出した、サーモンピンクの薔薇「パトリシア」から名付けられたと言われています。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

イギリスの国花であるバラが、パステルや色鉛筆のようなやわらかいタッチで優美に描かれています。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

スージー・クーパーの作品にはアースンウェア製(陶器)ボーンチャイナ製(磁器)のものが存在しますが、1950年代に入るまではアースンウェア(陶器)が中心となっていました。

※アースンウェア(陶器)とは?

粘土を成型して釉薬を掛け低温の窯(800〜1000℃)で焼いた陶器のこと。

焼成時にできる凹凸や釉薬の焼きムラが必ず出てくる、土の温もりや素朴さが特徴。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

ソーサー。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

バックスタンプ。

【スージークーパー】「パトリシアローズ」カップ&ソーサー

1938〜1962年製造、廃盤。



タイトルとURLをコピーしました