ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)

【ロイヤルコペンハーゲンを代表するシリーズ】ブルーフルーテッド

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン&ハーフレース&フルレース

代表作「ブルーフルーテッド」はロイヤルコペンハーゲンの最初の作品であり、バリエーションは「プレイン」・「フルレース」・「ハーフレース」の3種類が存在します。

「ブルーフルーテッド」ってどんなシリーズ?

ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)は1775年創業のデンマーク王室御用ブランド。

三本の波と王冠の輝くロゴマーク、手描きによるコバルトブルーの絵付けが特徴です。

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン&ハーフレース&フルレース

「ブルーフルーテッド(Blue Fluted)」は、ロイヤルコペンハーゲンの工房が開窯されて最初に制作されたディナーサービス。

ロイヤルコペンハーゲンが開窯した1775年に制作が開始し、デコレーション番号「No. 1」がつけられ、全てのブルーフルーテッドの製品の裏側に書き込まれています。

「フルーテッド」とは縦じまの事であり、ブルーフルーテッドには縁の処理の違いにより「プレイン」「フルレース」「ハーフレース」の3種類のバリエーションが存在します。

プレイン(Plain)

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン(カップ&ソーサー)

「プレイン(Plain)」は、縁に何の飾りも付いていないシンプルなデザイン。

ブルーフルーテッドシリーズの中で一番最初にデザインされたシリーズで、美しいブルーの装飾が手描きにて施されています。

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」プレイン(カップ&ソーサー)

ブルーフルーテッドは今でこそロイヤル・コペンハーゲンの代名詞とも言えるパターンですが、実はマイセンの「麦わら菊(ストローフラワー)」という作品がヨーロッパにおけるオリジナルだったと言われています。

現在のマイセンの代名詞であるブルーオニオンが登場する以前に非常に人気のあった作品であったそう。

のちにロイヤルコペンハーゲンがマイセンからこのパターンを買い取り、ブルーフルーテッドシリーズのベースとなりました。

フルレース(Full Lace)

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」フルレース(カップ&ソーサー)

「フルレース(Full Lace)」は縁にピアス加工(透かし彫り)が施されているのが特徴の、ブルーフルーテッドの中でも最も豪華なシリーズです。

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」フルレース(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」フルレース(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」フルレース(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」フルレース(カップ&ソーサー)

ハーフレース(Half Lace)

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」ハーフレース(カップ&ソーサー)

「ハーフレース(Half Lace)」は、フルレースの後に誕生したデザイン。

エレガントなレースの縁取り模様が手描きにて施されています。

ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」ハーフレース(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」ハーフレース(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」ハーフレース(カップ&ソーサー)
ロイヤルコペンハーゲン「ブルーフルーテッド」ハーフレース(カップ&ソーサー)

なお、ブルーフルーテッドシリーズは手書きの為職人の技量により品質に差があり、現在百貨店等で販売されているRC製品はほぼタイ製などに切り替わっているため、デンマーク製のものは貴重となっています。

新作も!大胆なデフォルメが特徴の「ブルーフルーテッド メガ」

「ブルーフルーテッド メガ」は、デザインスクールの学生カレン・キエルガード・ラーセンが持ち込んだアイデアから2000年に生まれたシリーズ。

デンマーク生まれの彼女は幼い頃から「ブルーフルーテッド」に親しんでおり、モチーフの一部を大胆にデフォルメし、現代的なデザインを着想したと言います。

左右非対称なモチーフの配置、ブルーのハンドペイント、白いレリーフが特徴の、伝統的なパターンと新たな感性がマッチした人気シリーズです。


タイトルとURLをコピーしました