ロイヤルアルバート(Royal Albert)

【世界一売れたシリーズ】ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

ロイヤルアルバートの「オールドカントリーローズ」は「世界一売れたシリーズ」であり、「モントローズシェイプ」のカップは「紅茶を最も美味しく飲むための究極のシェイプ」として有名。

「オールドカントリーローズ」ってどんなシリーズ?

ロイヤルアルバート(Royal Albert)は1896年に創業した、イギリス王室御用達の陶磁器メーカー。

美しく優雅なシェイプや、鮮やかな色どりのフローラル柄などを特徴とし、「最も英国的な王室御用達のテーブルウェア」として、世界50カ国以上の国々で今日も愛され続けています。

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

オールドカントリーローズ(Old Country Roses)」は1962年に登場した、英国の国花バラをモチーフにしたロイヤルアルバートを代表するテーブルウェア。

発売以来、総生産数は1億ピース以上を誇り世界一のベストセラーシリーズとなりました

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

▲ソーサー

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

鮮やかな薔薇がピュアホワイトのボーンチャイナに描かれており、縁のゴールドは筆を使わずスポンジで叩いて付着させるというロイヤルアルバート特有のスティプル手法で装飾されています。

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

▲バックスタンプ

※オールドカントリーローズのティーカップには、下が花びらのように膨らんだ「モントローズシェイプ」と、口径の広い「エイボンシェイプ」が存在しますが、今ページでは「モントローズシェイプ」についてご紹介します。

※「オールドカントリーローズ」は現在、日本におきましては廃盤品となっている模様です。

ロイヤルアルバート(オールドカントリーローズ)バニー(うさぎ)のティーポット

「モントローズシェイプ」ってどんな形?

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

▲「モントローズシェイプ」のオールドカントリーローズ(カップ&ソーサー)

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

オールドカントリーローズのカップにも採用されている「モントローズシェイプ」は、下が花びらのように8球形に膨らみ上半分が広がっている形であり、「紅茶を最も美味しく飲むための究極のシェイプ」と言われています。

「紅茶を最も美味しく飲むための究極のシェイプ 」のポイントとは?

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

「紅茶を最も美味しく飲むための究極のシェイプ 」と呼ばれる3つのポイントを解説!(上部から)

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

紅茶の抽出にはコーヒーと異なり熱湯(理想として95℃)が用いられるため、カップの上部を広げ表面積を稼ぐ事により、淹れたての紅茶を早く冷まして飲む事が可能となります(口に入れて美味しいと感じる適温は65℃程であると言われています)

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

カップの真ん中がすぼまって下部が膨らむ形をしている事により、ある程度飲んだ紅茶を今度は冷めにくくし、ゆっくりと味わう事が可能となります(45度を下回ると今度は渋味が目立ち、あまり美味しく感じなくなってしまいます)
また、カップの下部の膨らみにより、対流で温度と旨みを保てるようになっているそうです。

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

③高台(スカート)が付いている事により、ソーサーから直接熱を奪われないようにし紅茶が冷めるのを防ぐ事が可能となっています


皆さんもロイヤルアルバートの世界一売れたシリーズ「オールド・カントリー・ローズ」紅茶を最も美味しく味わえる「モントローズシェイプ」で、優雅なティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?



▼関連記事:「オールドカントリーローズ」を元につくられたシリーズ「ニューカントリーローズ」

タイトルとURLをコピーしました