雑学ノリタケ(Noritake)

【基礎知識】「オールドノリタケ」って何?

オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー

「オールドノリタケ」って?

「オールドノリタケ」とは、日本を代表する陶器メーカーNORITAKE CO.LIMITED (株式会社ノリタケカンパニーリミテド)が明治期から第二次世界大戦頃までに海外輸出していた陶器製品のこと。

精巧で気品のあるデザインは世界中の愛好家から高い評価を得ています。

オールドノリタケの歴史

江戸の馬具商であり、のちにノリタケの創設者となった森村市左衛門は、鎖国が明けた日本に欧米から様々な文化が流入する一方、日本の金が海外に流出していく事に危機感を憶え、師と仰ぐ福沢諭吉に相談。

流出した金を取り戻すには輸出貿易が一番であるというアドバイスを受け、1876年ニューヨークに「モリムラ・ブラザース(MORIMURA BROTHERS)」という輸入雑貨店を開き、日本から送られてくる陶磁器や漆器、屏風、掛軸などの伝統的な日本の雑貨を販売し、人気を博しました。

その商売の中で、アメリカでは陶磁器の人気が特に高かった為に自社で製造することを決意。

白磁の製造に時間はかかったものの、1902年イギリスのローゼンフェルト社の協力や職人の研究により、約10年の時間をかけて西洋スタイルの白磁製品開発に成功。

この成功を受け1904年、当時の日本陶器合名会社を愛知県愛知郡鷹羽村則武に設立しました。

1932年には、日本で初めてのボーンチャイナの開発に成功。

日本陶器合名会社はその後、ノリタケTOTOに分かれ、日本の陶器の歴史の礎を作ったことで知られています。

作品紹介「金盛上華清池楊貴妃紋図」

オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー

オールドノリタケ 「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー

こちらのカップは1908年製造、バックスタンプはNoritake-マルキ印(メイドインジャパン、里帰り)

オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー

金彩には、純金に近い24・23金が使用されています。

オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー

華清池(※)を散策する楊貴妃がハンドペイントで鮮やかに美しく描かれた、中国古典をモチーフとした芸術作品です。

オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー
オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー
オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー
オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー
オールドノリタケ「金盛上華清池楊貴妃紋図」カップ&ソーサー

華清池ってどこ?

 華清池(かせいち)は西安の中心部北30km、驪山(りざん)のふもとに位置する3000年以上の歴史を持つ温泉地。

唐代の玄宗皇帝楊貴妃のロマンスの場として有名です。

楊貴妃中国の四大美人(楊貴妃、西施、王昭君、貂蝉)の一人であり、玄宗皇帝を惑わせ、玄宗皇帝が政治を顧みずに酒食に溺れるようになり、ついには内乱(安史の乱)まで起こってしまったことから「傾国の美女」とも呼ばれています。

「華清池の石碑」by Yyk is licensed under CC-BY-SA3.0

「華清池の石碑」by Yyk is licensed under CC-BY-SA3.0

「楊貴妃の像」by Alex Kwok is licensed under CC-BY-SA3.0

「楊貴妃の像」by Alex Kwok is licensed under CC-BY-SA3.0



タイトルとURLをコピーしました