大倉陶園

【大倉陶園】「金蝕バラ」カップ&ソーサー

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

「大倉陶園(おおくらとうえん)」は横浜市戸塚区に本社を置く、1919年に大倉孫兵衛・和親父子により創立した日本を代表する高級磁器メーカー。

日本の貿易業界の草分けともいうべき「森村組」をルーツとし、株式会社ノリタケカンパニーリミテド(ノリタケ)のグループ会社でもあります。

「良きが上にも良きものを」の信念の元に、「色の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさ」を追求した美術的価値の高い硬質磁器を作り続け、皇室や一流ホテルなどで使用される製品を販売している企業。

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

「金蝕バラ(きんしょくバラ)」は、1952年に誕生した大倉陶園のロングセラーデザイン。

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー
大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

金蝕(エッチング)にはサンドブラストの手法を用い、金の光沢の差で上品な輝きが描かれています。

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

本焼きした白生地にマスキングされた絵模様を貼り付け、細かい砂を噴射して生地の表面を削り、モチーフを浮き彫りにするという手法が用いられています。

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

ソーサー。

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー
大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

バックスタンプ。

大倉陶園「金蝕バラ」カップ&ソーサー

現行品。



タイトルとURLをコピーしました