大倉陶園

【大倉陶園】「ブルーローズ」カップ&ソーサー

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

「大倉陶園(おおくらとうえん)」は横浜市戸塚区に本社を置く、1919年に大倉孫兵衛・和親父子により創立した日本を代表する高級磁器メーカー。

日本の貿易業界の草分けともいうべき「森村組」をルーツとし、株式会社ノリタケカンパニーリミテド(ノリタケ)のグループ会社でもあります。

「良きが上にも良きものを」の信念の元に、「色の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさ」を追求した美術的価値の高い硬質磁器を作り続け、皇室や一流ホテルなどで使用される製品を販売している企業。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

「ブルーローズ」は、1928年に誕生した大倉陶園の代名詞とも言える絵柄です。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

自然に青い薔薇の花を咲かせることが不可能だった時代、美しく咲き誇るその奇跡をデザインしたのがこの作品。

本焼成した白生地にコバルト絵具で絵付けをし、再度1460度の高温で焼成する「岡染め」と呼ばれる独自の技法が用いられています。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

炎の芸術が創り出す神秘の色彩により、生命力溢れるバラの美しさが表現されています。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

ソーサー。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

バックスタンプ。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

A級品(歪みやその他の問題のないもの)には、こちらの画像のような刻印(金色)が押されます。

大倉陶園「ブルーローズ」カップ&ソーサー

※その他、大倉陶園のバックスタンプにはアウトレット品として「灰色の刻印」、「赤色の刻印」、「J,Bの刻印」(3種類)といったバックスタンプも存在するようです。



▲「ブルーローズ」には、持ち手が金色のものや、ソーサーが瑠璃色のものといったバリエーションが存在します(こちらの画像は、ブルーローズ90周年&大倉陶園100周年記念品)


タイトルとURLをコピーしました