ブランド紹介ロイヤルアルバート(Royal Albert)

【ブランド紹介】ロイヤルアルバートってどんなブランド?

ロイヤルアルバート(オールドカントリーローズ)バニー(うさぎ)のティーポット

「ロイヤルアルバート」ってどんなブランド?

ロイヤルアルバート(オールドカントリーローズ)

ロイヤルアルバート(Royal Albert)」は1896年に創業した、イギリス王室御用達の陶磁器メーカー

美しく優雅なシェイプや、鮮やかな色どりのフローラル柄などを特徴とし、「最も英国的な王室御用達のテーブルウェア」として世界50カ国以上の国々で今日も愛され続けています。

【外部リンク】ロイヤルアルバート(Royal Albert) 日本公式サイト

ロイヤルアルバートの歴史

トーマス・ワイルドとトーマス・クラーク・ワイルド親子がイギリス陶業の中心地ストーク・オン・トレントにおいて「トーマス ワイルド カンパニー」を創業、翌1897年にはヴィクトリア女王即位60周年記念の記念品を依頼され、1904年には「ロイヤル」の称号を得て「ロイヤルアルバート」が誕生しました。

ロイヤルアルバート「オールドカントリーローズ」モントローズシェイプ

1962年には、英国の国花である薔薇(バラ)の花柄を描いた「オールドカントリーローズ」を発表

総生産1億ピース以上を誇り、世界最大生産数のベストセラーとなりました。


▼関連記事:世界一売れたシリーズ「オールドカントリーローズ」と、紅茶を最も美味しく飲むための究極のシェイプ「モントローズシェイプ」について



ちなみに名前のメーカーの名前の由来ですが、創業者が英国王室を愛するがゆえに、イギリス王室を代表するヴィクトリア女王の夫アルバート公と、夫妻の孫であるアルバート・ジョージ王子(のちのジョージ5世)にちなんで「アルバート」と名付けられたといいます。

現在のロイヤルアルバートは?

なお、ロイヤルアルバートは後に「ハドンホール」で有名な「ミントン」、イギリス陶磁器最高の「ロイヤル」と「クラウン」の称号を持つ「ロイヤルクラウンダービー」と共に、世界最大級の陶磁器メーカー「ロイヤルドルトン」の傘下となリました。

その後、「ロイヤルドルトン」は2015年に「ロイヤルコペンハーゲン」を所有するフィンランド企業「フィスカーズ」に買収され、「ウェッジウッド」などと共にWWRDホールディングスの一員となっています。


タイトルとURLをコピーしました