ブランド紹介ミントン(MINTON)

【ブランド紹介】ミントンってどんなブランド?

ミントン「ハドンホール」

「ミントン」ってどんなブランド?

ミントン(MINTON)」は、銅版転写の彫刻師だったトーマス・ミントンによって1793年に創業されたイギリスの陶磁器メーカー

豪華な金彩を施したテーブルウェアの数々を生み出し、ヴィクトリア女王から世界で最も美しいボーン・チャイナとの賞賛を受け、その後王室御用達となりました。

革新的な装飾技術は現在でも世界中の王室で愛され、作品は全世界のイギリス大使館でも使用されています。

【外部リンク】ミントン(MINTON) 日本公式サイト

「ハドンホール」ってどんなシリーズ?

ミントン「ハドンホール」

ハドンホール(HADDON HALL)」はイングランドの古城ハドンホールのタペストリーから構想を得て、ジョン・ワズワース(英国陶磁器界の大立者)によって1948年に誕生。

ミントンの中でも最も有名なシリーズとして知られ、「永遠の定番品」として愛されてきました。

パッションフラワー・カーネーション・パンジーなどの花が図案的に描かれた総柄で、約12色と色使いも多彩です。

ミントンの歴史と現在

ミントンは、腕の良い銅板彫刻師であったトーマス・ミントンにより1793年に創業し、その後180年にも渡り家族経営が続けられました。

顧客リストにはヴィクトリア女王の他、ヨーロッパの王室、日本の皇室、インドのマハラジャ、各国大使館らが名を連ねました。

後の1973年、世界一の生産数を誇る「オールドカントリーローズ」をもつ「ロイヤルアルバート」、イギリス陶磁器最高の「ロイヤル」と「クラウン」の称号を持つ「ロイヤルクラウンダービー」と共に、世界最大級の陶磁器メーカー「ロイヤルドルトン」の傘下となリました。

その後、2009年に日本から撤退、2015年にはミントンブランド自体が廃止となっています(2015年に親会社のロイヤルドルトンが買収されたため、WWRDグループホールディングスの一員となりました)

現在は、1649年創業のフィンランド企業フィスカース経営のもと、ライセンスブランドとして、日本における商品展開が続けられています。


タイトルとURLをコピーしました