ブランド紹介フッチェンロイター(Hutschenreuther)

【ブランド紹介】「フッチェンロイター」ってどんなブランド?

「フッチェンロイター」のバックスタンプ(ライオンマーク)

フッチェンロイターってどんなブランド?

「フッチェンロイター(HUTSCHENREUTHER)」は、ドイツ・バイエルンにあるライオンマークのシンボルで有名な陶磁器メーカー。

1814年に創業者のカルル・マグヌス・フッチェンロイターが、バイエルン地方ホーエンブルグに絵付け工房を設立したのが始まりです。

磁器の原料であるカオリンの発見に成功したフッチェンロイター氏はやがて、磁器そのものから生産を手掛けたいと考え、バイエルン王マクシミリアン一世に磁器工場の設立許可を願い出ました。

しかし王は当時の王立御用達窯であるニンフェンブルクとの競合を恐れ、これを却下します。

8年後の1822年、フッチェンロイターの熱意に負け、ようやく王はフッチェンロイターに磁器製造の許可を与えますが、その条件として命じたのが、「いかなるものよりも優れた品物を作ること」でした。

王に「最高の品質」を誓って授かったバイエルン州のシンボル「ライオンマーク」は、今もなおフッチェンロイター社の誇りです。

代表作は「ブルーオニオン」、「エステール」、「マリアテレジア」など。

※フッチェンロイター社は2000年に、ローゼンタール社と統合。

作品紹介「エステール」

フッチェンロイター「エステール」カップ&ソーサー

「エステール(Estelle)」 は、透き通るような白磁に施された繊細なレリーフを可憐な小花で爽やかに彩ったシリーズ。

作品紹介「ブルーオニオン」

フッチェンロイター「ブルーオニオン」カップ&ソーサー

「ブルーオニオン」は、1739年にマイセンのクレッチマーが中国写しの染付の技法を生かして完成させたデザイン。

中国のザクロ文様を元にデザインされたものであるが、当時ザクロ(柘榴)に馴染みのなかったドイツ人が「玉ねぎ」と間違えたために、そう呼ばれるようになったと言われています。

世界中で50社近くが制作しているブルーオニオンパターンの中でも、ドイツのマイセン(MEISSEN)フッチェンロイター(HUTSCHENREUTHER)、チェコのカールスバード(Carlsbad)の3つが世界三大ブルーオニオンと呼ばれており、フッチェンロイターのブルーオニオンは1926年に同じくドイツのマイセンから正式に受け継がれたものです。

タイトルとURLをコピーしました