インペリアル・ポーセリン(ロモノーソフ)

【コバルトネットの色違い】インペリアルポーセリン「ピンクネット」

インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー

「ピンク・ネット」は、インペリアルポーセリンを代表するシリーズ「コバルト・ネット」の色違いであり、エカテリーナ二世に献上されたディナーセットにより近いデザイン。

「インペリアルポーセリン(IMPERIAL PORCELAIN)」はロマノフ王朝時代の1744年、ロシア皇帝ピョートル一世の娘である女帝エリザヴェータの命によりサンクトペテルブルク(レニングラード)に設立されたロシア最古の窯。

※インペリアルポーセレンとも。

インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー

「ピンクネット(PINK NET)」は、コバルトネットの柄をピンクで描いた華やかで女性的な美しいデザインの作品。

インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー
インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー

インペリアル・ポーセリンを代表するシリーズコバルト・ネット(COBALT NET)色違いシリーズ(ピンク)となります。

インペリアルポーセリン「コバルトネット」&「ピンクネット」



▼関連記事:インペリアルポーセリンを代表するシリーズ「コバルトネット」



コバルト・ネットよりも後に作られましたが、ピンク色のこちらの作品が当時エカテリーナ二世に献上されたディナーセット(本物は現在、エルミタージュ美術館に所蔵)に近いデザインであるとされています。

皇帝エリザヴェータの食器セット

出典: 国立エルミタージュ美術館公式サイト(皇帝エリザヴェータの食器セット)

インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー

ソーサー。

インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー
インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー
インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー

バックスタンプ。

インペリアルポーセリン「ピンクネット」カップ&ソーサー

▼ティーポット

インペリアルポーセリン「ピンクネット」




タイトルとURLをコピーしました